坂倉アトリエ


坂倉 竹之助(さかくら たけのすけ、1946年 – )

日本の建築家。
父は建築家坂倉準三、祖父は文化学院創立者で建築家の西村伊作。

妻は実業家の横井英樹の娘。妻の連れ子にヒップホップMCのZEEBRA。

妻との実子にヒップホップMCのSPHERE of INFLUENCE。

1946年、東京生まれ。1970年、日本大学理工学部建築学科卒業。同年、坂倉建築研究所入所。1979年、に坂倉インターナショナル開設。

1998年には坂倉アトリエに改称。
1999年からは坂倉建築研究所会長。また文化学院建築科長にも就任した。

主な作品に「ギャラリー・サカ」、「東京ミッドタウン」、分譲型別荘「追分倶楽部」など。「神奈川県立博物館」 で神奈川県建築賞を、 「聖サレジオ学園ドンボスコ記念聖堂」で日本芸術院賞他を受賞している。

黒木瞳・岡田准一によって20の年齢差がある恋愛を描いた映画「東京タワー」は、坂倉建築研究所によって設計された千葉県立かずさアカデミアホールと坂倉アトリエが設計し­た海辺の別荘でロケが行われました。

坂倉建築研究所作品映画撮影「東京タワー」

タグ

2012年8月18日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:建築

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ